ほわほわ神社生活

ほわほわ神社生活

神社が暮らしの中にあるおっさんの日常です。主に岡山県広島県の神社巡りをしています。神社巡りの記録や神社のことで思うことを書いています。

MENU

宮形の扉

他所のお宅の神棚を見ると宮形の扉を閉めている場合が多いように感じます。

私の家は三か所あるうち、台所の荒神宮だけはわずかな隙間を開けてほぼ閉じています。開けっ放しだと中の鏡やお神札がすぐに油でべたべたになるだろうからというのが理由です。他二つは開けっ放しです。御簾が有る方も無い方も内部に置いた鏡が見えている状態です。

神棚からは良いエネルギーが放射していてそれは感じられると以前書きました。扉を閉めると神棚前で感じられるエネルギーが幾分弱い気がします。あとは祈るこちらの気分の問題で、神鏡と奥のお神札が見えると、その向こう側(神々の世界)へ続いているような気がするからです。

 個人の感じ方、捉え方により、上記のような感じは自分には当てはまらないなと思う方もおられるでしょう。それでいいと思います。