ほわほわ神社生活

ほわほわ神社生活

神社が暮らしの中にあるおっさんのちょっとだけ変わった日常です。主に岡山県広島県の神社巡りをしています。神社巡りの記録や神社のことで思うことを書いています。

MENU

その他

昔々あるところに巳様がおったそうな

ある小祠にいた巳様は毎月のお祭りもしてもらえず長年放置されていました。これはその巳様の話です。ほぼ現在の話で昔話ではありません。すみません 人から、夢で蛇が出てくると聞いて、まさかと思って妹に訊いてみると……なんとまだそこにいると⁈ 慌てて呼び…

お役目という言葉の罠

スピリチュアルな文章をある程度読むとすぐにこの”お役目”とか“使命”といった言葉に出くわします。この記事ではこれがいかに有害(となりやすい)かを私を例にできるだけわかりやすく書いてみます。 目次 【錯覚という罠】 【自ら作り始める】 【悪化から決…

自力ではダメな時もある

今までえらそうにいろいろスピ記事を書いてきましたが、実はこの数か月かなり凹んでいて自信喪失で過ごしていました 悪い考えが堂々巡りになると自力では回復は難しいです。こうした場合は信頼できるその道のプロに手伝ってもらうとそこから抜けるのが早くな…

確認の神社

夢を見た朝、起きたら夢占いを確かめる人はどれくらいいるのでしょうか? 所詮夢だとはいえない体験をした人は気にするかなと思います。 特別な霊能のない(と思っている)人は組み合わせで判断するしかないです。夢占いの結果はしっかり覚えてください。 夢…

400人にひとり?

神社が把握されているもので8万以上。実際にはそれ以上あると言われていますから10万ほどかと。すると1億2千万の人口あたりの氏子数は1社あたり1200人になります。 これは東京二十三区から離島まで区別せずですから、場所によってはこれ以上いるでしょうし、…

責務を全うして帰還した人を思う(鬼滅記事ではありません)

わかっていても帰還は寂しいものです。悲しくはないです。というと人でなしっぽいですね。 自分がなすべきことがわかっていた人が器を出た後に一番悔しいのはそれをできなかったことです。それをきちんとできていたら、待つ同朋の元に胸をはって帰還できるの…

春の宴🍶

お礼詣りに#産土神社に行きました。これからしばらくは遠くの神社巡りはお休みしてお礼詣りが続きます。あと4社ほどあるのです。 #ここでは氏神様とは別に町内にある神社のことです。また、清掃などの管理を付近住民で受け持っていてそこそこ自由がある神…

春、旅立ち。

突然ですが旅立ちです。 昨年開発したおまいり君1号(旧名どこでも神社くん1号)をベースに改良に改良を重ねついに完成したその名も 真おまいり君1号 をかって日本中の稲荷神社を巡ります 神社と私を繋ぐ心強い相棒、真おまいり君1号を紹介します。これが真1…

そのボロい神社の真の姿は肉眼ではわからない

短く気楽に読める記事シリーズ? の新記事です。 各国の一宮とかだと宮司を筆頭に複数のご神職や巫女さんもいます。社殿も見事に維持されていて、訪れるとコンクリートとアスファルトの日常との違いに驚かされますよね。 そうした一部の神社をのぞく多くの(…

ほんのちょっとしたことを広げていけば他者のそれと重なりあう

前回の記事で暗い気持ちになったかもしれません。自分で吐いたものを片づけたいと思っても覆水盆に返らずですから。 返すのはとても難しいですが、別のものでうめあわせることはなんとかなりますので安心してください 例えば、散歩していると道端にオオイヌ…

エネルギー的嘔〇物に満ちた世界

今まで悪いものを出してはいけないと何度かお上品に書いてきたつもりです。が、多くの人が必死に訴えても一向に減らないのでちょっと汚く的確な例えで書くことにしました。 #例えが汚いのでお食事中に読むのは非推奨です。そしてショックを受ける人が出るは…

壁と繭

今まで壁のことは何度も書いてきたので今回は今まで書いていないもうひとつの障害、障壁の話です。 壁はこのブログでは高次元との交流の妨げになるものをそう例えています。壁があるとなぜよくないのかを書くと、高次元があるという感覚を得にくくなることで…

今日はいつものスタンスと違う記事です

私はコロナのことや未来の事などは今まで書いてきませんでした。今回はやむを得ない事情により少しだけ書こうと思います。 ameblo.jp 上のブログのMiyukiさんは子供には打たせるなと。私は大人は自分の意志で決定できるし、免疫は完成しているから、そこへ数…

いなり寿司じ、天国の日に思う

氏神様や産土様のあとは祠へお詣りして一日が終わり。関東の人はお詣りしようにも雪でダメだったかもしれませんね。山陽地方は青空に白い雲がふわふわなお詣り日和でした。 今回は時間があったのに手抜きをしました またしてもタコいなりです。いなり寿司用…

寂れて荒れて無くなって

今回は北のベーアさんid:keyakinamiki67がブコメに書かれていた質問についての記事になります。 >人気の少ない荒れた神社で拝むのは良くないと。実際はどうなのですか? 前にもちょっと書いたことがありましたが今回は荒れての前後も含めて書いてみますね。…

ストライキ? いいえ、駄々を捏ねてます

昨日かなりショックなことがあってシェルターに籠っていました。 普段から記事に、心の壁はダメだと書いてきました。これはあくまでもしかるべき場所(神社やお世話を欠かさない神棚)でのことです。それ以外の場で防壁がないのはこの世では少々危険だからで…

失せ物探しと猜疑心の関係から

通知を見ると最初の頃の記事、読者さんも本当に少なかった頃に書いたものを読んでくれる方がいることに気がつきます。最初にコメントやブックマークには☆はつけず他の形で反応しようと決めたことがちょっと悔やまれます。わざわざ見てくれたのは嬉しいです。…

土地は誰のもの?

ブログ一覧 | 横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房 土地の神様をお祀りする実例【お稲荷様・巳神様・龍神様を大切にする意味とは?】 | 横浜・鎌倉・逗子・葉山で建てる無垢材と自然素材の家なら中尾建築工房 こちらの記事…

正月なので、おみくじと初夢

皆さんはいい初夢は見られたのでしょうか? 私は三日の明け方くらいに夢を見てそれを覚えていました。 内容はちょっと書けませんが夢占いサイトで調べてみたら問題解決するとの夢でした。 元日と四日におみくじを引きました。違うおみくじなのに大吉で内容は…

あけましておめでとうございます

皆さん、あけましておめでとうございます。酔い正月を楽しまれていることを願っています。 大晦日は年一の燻製作り(正月の酒の肴)で夜までバタバタします。夜に神社でその年を締めくくるお参りをしたら帰宅してゆく年くる年で年越しがパターンです。 のん…

家族と他人、あるいは自分の子と他人の子、そして年越し

今年はこの記事更新後に正月モードに入ります。まだ正月準備はこれからです #コメントその他のレスポンスは通常よりぐっと遅れます。 今回の記事はわかりやすくするためにわざと大げさに書いています。実際にはさすがにここまで極端ではないですが、多くの人…

次元間のろけ姉妹篇

妹の顔を初めて見た時にすごい美人で驚きました。宝塚の人? ハリウッド映画に出てる人? みたいに綺麗な顔なわけです。もうキャーキャー言うしかないです、おっさんだけど。 それから長く経ったある日、久しぶりに顔が見たいなと思ってまた見せてと頼んだの…

行為に顕れた心

神社境内でよくこっそりゴミを一まとめにして片づけやすくして帰っています。これ自体は神々ご眷属様には喜ばれる行為です。 掃除に励む姿を他者に見せることは大切だと書きました。交通マナーに見られるように人は簡単に悪い方へ流されます。正確には自ら進…

叱られてばかりです😓(自業自得

このところ目に見えない存在から叱られてばかりです。 久しぶりにおみくじ(一か月お詣りできなかったので)をひきました。ひく時に神社の神様に、今の私を見て何か言いたいことがありましたらこのおみくじでお願いしますといった感じに祈っておみくじをかき…

神々のシステム管理者権限と決まり事

記紀神話の神々は高次元人故に神なのです。全知全能ではないのは神々自身は自分達を人と認識しているからです。もちろん自己認識がどうであれ、なかつくにの者にとっては神以外の何者でもないのですが。 神々は各々お仕事に励まれています。世界(より低次元…

守護霊についてえらそうに言っている人の実態

昨晩、私にとってはとても嬉しいことがありました。そして同時に反省するべきことでもありました。今日はそれについて書いていこうと思います。 目次 【蚊帳の外のメンバー】 【メンバーである意味】 【心の壁がもたらしたもの】 【おしまいに】 【蚊帳の外…

守護霊との日々のこと

神社に行けなくなって十日が過ぎてなんだか妙な感じで過ごしている日曜日。だから守護霊とあれこれやりとりして過ごすのですが今日はその辺を書いてみます。 守護霊7名と私で1チームなわけですけど、この次元担当の私と他のメンバーの力は月とすっぽんどころ…

神棚生活番外編(本当なら準備だけど……)

たんに部屋のお掃除のことなんです。 今月は参詣自粛モードなので休みには少し早い大掃除にとりかかったのです。 例年、師走に入ってからだと時間切れでどうしても適当になります。 昔は本当に大掃除だったのに、そうでなくなってからいったい何年、何十年経…

がらんとした部屋でひとり

自分の手で据えた神棚に半紙で目隠しをしたのは今回が初めてでした。何度も経験した人は感じていることかと思いますが、とても寒々としています。生気がありません。いつもあった(と思っている)気配が消えてただの空間になった神棚部屋(居間とか納戸とか…

寒くなると増える電話と神社のこと

寒くなるとお年寄りがこの世を離れることが多くなります(少なくとも私の経験上は)。 だから普段目にしない番号とかそんな時間にかけてこない人からの電話は緊張します。 今回はそんな電話。私もちょっとの間、神社とはお別れです こればかりはしかたないで…