ほわほわ神社生活

ほわほわ神社生活

神社が暮らしの中にあるおっさんのちょっとだけ変わった日常です。主に岡山県広島県の神社巡りをしています。神社巡りの記録や神社のことで思うことを書いています。

MENU

神社で思うこと

貧者の一灯は尊いが1円ではやはり灯せない(訂正あり

今日は神社関係のブログの話題はこれだろうなと思います。 www.tokai-tv.com お賽銭の額の問題はいろいろ言われていましたが、赤字になってしまうのは困ったものですね。日常の支払いで使うにしてもなかなか1円や5円は使いきれないでしょうし。 貧者の一灯の…

ご眷属様は狐だったり蛇だったりそうでなかったり

こんばんは。打つのにどきどきワクチン(3回目)は体がそこまでがたがたにならなくても精神的にどっと疲れますね。現在ゆるゆると回復しております。これで半年は打たないですむからその間に普通の風邪扱いとすることになってほしいものです。 さて、ご眷属…

正月なので、おみくじと初夢

皆さんはいい初夢は見られたのでしょうか? 私は三日の明け方くらいに夢を見てそれを覚えていました。 内容はちょっと書けませんが夢占いサイトで調べてみたら問題解決するとの夢でした。 元日と四日におみくじを引きました。違うおみくじなのに大吉で内容は…

お名前はフルネームで?

神様のお名前は”〇〇のかみ”とか”〇〇のみこと”という感じに共通部分(敬称?)がありますね。氏神様や特別に好きな神様(私だと闇御津羽神様)だとお名前を呼ぶ時に、いつの間にか後半部分が抜けてしまっていたという方もいるかもしれませんね。 この時、神…

久しぶり過ぎるお狐様と新たなお狐様

久しぶりにいつものお狐様、そして今回初登場のお狐様に聞いたちょっとしたお話。 目次 【お狐様と三次元空間移動】 【お狐様と高次元の移動】 【おわりに】 【お狐様と三次元空間移動】 ちょっと事情があってお狐様が我家にやってこられた時の事。神社を出…

叱られてばかりです😓(自業自得

このところ目に見えない存在から叱られてばかりです。 久しぶりにおみくじ(一か月お詣りできなかったので)をひきました。ひく時に神社の神様に、今の私を見て何か言いたいことがありましたらこのおみくじでお願いしますといった感じに祈っておみくじをかき…

おにぎり🍙天国2021

昨年まではおにぎり地獄でしたが言葉がよろしくないので今年からおにぎり天国になりました。三回は行かないといけないので今月中旬までかかりそうです。おにぎり記事が続きましたが今回で終わりです。 a-wi.hatenablog.com 今年はおにぎりをワンサイズずらし…

勤労感謝の日? いいえ、新嘗祭です。

かつて新米はこの日まで食べられなかった!? だいぶ深い「勤労感謝」の話|小野照崎神社|note Google検索で”勤労感謝の日 新嘗祭”で一番上に出た神社様の記事↑ 昔の日本人だとやっとここから新米を食べられる日です 私は食が細いのですがこの日は頑張って…

ささやかなことでいいから大人が手本になろう

今日は久しぶりにお詣りできました。٩(ˊᗜˋ*)و 鳥居を一歩くぐった時のあの軽やかな気に包まれる喜び。我良しの想いの無い方々だけの地はこの次元の人間がずっと先へ進んだ時にはこうなるのかもと期待させるものがあります。逆に言えば、この世界は暗いのだな…

水神様(龍神様)の社と水の流れ

弥都波能売神が井戸などの水源の女神。闇御津羽神が山の水源の女神で、闇龗神が山の川の流れの女神。高龗神は雨の女神なので最初の三女神とはややちがいますが皆、水神で龍神です。また祓戸四神の瀬織津姫も担当が川ですからこちらのグループに入れていいと…

お神札の距離

今は通信環境とSNSのおかげで国内も海外もオンラインでは変わらないようになりました。でもネットワーク外だと当然物理次元の距離の制約があります。今日はそんなお話です。 目次 【お神札はどこで受ける?】 【海外居住者の元にあるお神札】 【おわりに】 …

はてなブログ10周年特別お題は神社で

はてなブログ10周年特別お題「私が◯◯にハマる10の理由」というのを選んでみました。 書けるネタの時にはありがたく利用させていただきます 私が神社にハマる10の理由 いつでも自由な時間に行ける。 社叢等四季折々の味わいがある。 地方によって社殿建築に違…

新年にむけて初神棚のススメ

コロナはおさまっていくでしょうが他にどんな理由でお詣りしづらい事態になるかわかりません。そんな時でも自宅でお参りできるのが神棚のいいところです。もう来年用の大麻が届き始める頃です。今日はこのタイミングでお神札のある暮らしを初めてみませんか…

廣島縣神社誌は分厚いぞ😮

吉備国と安芸国の神社巡りのために手に入れましたこちら1639頁! 寝転がって読むのは無理です。机に置いて背筋を伸ばしてページをめくらねばならない本です(気分的にも)。 中身の記述は岡山県神社庁でDLできる岡山県神社誌(ページの下にpdfへのリンクあり…

もう稲刈りした田んぼ(新嘗祭まであと何日?)

車で田舎道を走っているともう収穫された田んぼがちらほら。秋祭りがすんだら来月は新嘗祭(勤労感謝の日)が待っています。 田舎だとこれから来月くらいに来年分のお米をまとめ買いする人が多いです。うちもそうしたお米を新嘗祭までねかせておきます。 ま…

清掃という真心に対する神々の応え

祭りの準備で大勢の人がいる境内というのは氏子減少、そしてコロナ禍の今は珍しい光景。境内の隅々まで人の手が入り、さっぱりした神社の清浄さ、明るさは実に素晴らしいものです。 皆が帰って静寂の中、独り拝殿に上がり、幣殿前で二拝二拍手一拝してそっと…

野望の注連縄?(421文字)

今年は特にそうですが長雨が続くと藁の注連縄は腐ってしまい、しまいには切れてぶら下がるようになります。これは見た目も結界という意味でもよろしくないでしょう。だからいつかは自分で作れるようになって祠に奉納できるようになりたいのです。 野望の一歩…

芳香現象と高次元

熱心に信仰? すると遭遇することがあるかもしれない芳香現象。今日はそれについて私もちょっとだけ。 私が最初にこの現象に遭遇したのは広島県福山市神辺町にある清滝神社でした。 a-wi.hatenablog.com 拝殿前向かって左の灯籠のそばだけで一時的にお香のよ…

雰囲気? を感じる訓練についてその弐

今日は境内で、あるいは神棚のある部屋で放射する気を感じる訓練について霊能者ではないものができることを書いてみます。以前神棚の気を感じてみようと書いた記事の拡張版になります。過去記事に目を通してもらえると理解しやすい(はず)です。 a-wi.haten…

神社での危険な黄色弐

蜂月は台風豪雨でハチたちも活動できず、人間もお詣りどころではなかったから割と安全だったろうと思います。でもこれからのお詣りは要注意です。地方によって時期はずれますが、暖かい地方だと11月に入る頃まで活発に動きます。西日本平野部だとこれから来…

お詣りの実際……(私の場合)

宣言で有名神社に行くのもどうかと思い、ひきこもっております。神社に行かないからとあまりにも説教記事乱発もアレなので、今日はどうお詣りしているのかを書いてみます。神社関係者からみたら眉をひそめるようなことかもしれません。参考にではなく、この…

歓迎サインの個人差

霊的能力無し(と本人は思っている)の人でもコンタクト可能なものが歓迎サインですが、これはかなり個人差があるようですね。今回も今まで書いたことの繰り返しになります。 私の場合はクロアゲハがやたらに多いのです。まあ田舎の神社は山のそばにあること…

誰がために鈴は鳴る

西日本はやっと雨が終わったと思ったらまた週間天気予報が変わって雨の日というパターンが続いています。土砂災害のマップで赤になったり黄色になったり、やっと無色に戻って一喜一憂。次の一雨でまたカラフルカラフル。吉備国と安芸国はコロナと雨でとても…

境内社(祠)等への奉納

お供えを持ってお詣りのことは今まで何度か書いてきたように思うのですが、奉納については書いてなかったかもしれません。で、金銭面でわりと気軽に行える奉納について例のお狐様に伺った話になります。お狐様シリーズの5か6です。 目次 【奉納しやすい品を…

これがお百度の力だっ!(だったらいいなあ

こんばんは。もう本当は逃げないといけないのにまだ自宅です。逃げてと言われたら逃げるつもりです。 今日は凄く嬉しいことがありました。冬のお百度でまだ結果がわからずお礼詣りできなかった一件の結果がわかったのです。望んだ通りでした もうたこ焼きは…

榊とヤモリ(小ネタ)

神社の榊立から榊を引っこ抜いて水をザバーっと捨てると結構な頻度でヤモリが飛び出してくるのはなぜなのか? 枝(葉っぱ)にしがみついているのを見たことがありません。 驚くことに我家の神棚の榊立をひっくり返してもごく稀に出てくることが。枝で隙間と…

苦しい時の神頼み急病篇~学び?~

急病でぶっ倒れるのは普段と違う体験ができるということ。 今回はこまぎれ睡眠。唸って寝て、唸って起きてを繰り返して二日ほど過ごしました。微妙にダイエットに成功して複雑な心境。 で、普段特にお願いはせずお詣り自体を楽しんでいるのですが、自分でど…

お狐様、負けないで

ほわほわとかふざけた名前をつけたものだからそうでない話題は極力避けてきたつもりです。でもこの世には他方もあるわけで、今日はそんな話から入ります。 いつものお狐様シリーズとして書けましたがお稲荷様だけの問題ではないのでそれはやめました。 心霊…

初宮詣りの赤ちゃん

ネタに困った時にいつも助けてもらうお狐様にお詣り時に遭遇する赤ちゃんのことを訊いてみた話。 祖父母に抱かれて初めてのお詣り。お狐様も産れたばかりの命を見るのはとても楽しいことなのだそうです。初めてのお詣りでうちに連れて来たかという喜びもある…

朝のお詣りでその日を始めること

この記事で300になりました。☆やブコメ、コメント欄でのコメントしてくださった皆さんに感謝です。うっかりして☆付け忘れるよりはと思ってこちらから付けないようにしていますが、申し訳ない気もしています。いまさら変更もできないのでこのまま続けることに…